国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

痛みの原因サーチ

膝の痛み

膝関節は、身体の中で最も大きな関節です。大きな関節と聞くと頑丈なイメージを持ちますが、非常に不安定な関節です。骨と骨の接地面は平らであるが故、滑りやすい構造をしており、関節の安定性は周囲の筋肉や靭帯に依存しています。平らな関節面を形成するのは脛骨と大腿骨です。膝関節は、この長いテコ2本の支点に位置するため外力を受けやすく、様々な症状を発症させます。
また筋肉や脂肪の保護が少ない事も、多彩な症状を有する一因となっています。また膝関節は膝のお皿として知られる膝蓋骨、半月板や靭帯、滑液包などを含め複雑な構造をしており、全身の衝撃を関節の屈伸運動により吸収するという他の関節には見られない特性を持ち合わせます。

カイロプラクティックセンター松戸の膝の治療
膝周囲の筋肉の多くは骨盤から伸びており、膝の安定性向上に腰や骨盤の働きは大きな役割を果たします。膝の障害の場合、当院では膝周囲のグラストンテクニックやカイロプラクティックによる関節調整はもちろん、関係する腰部や骨盤の機能改善を目的とした治療を加えます。このアプローチは結果として、膝へ加えたグラストンテクニックやカイロプラクティックによる調整の効果を長持ちさせます。
当院では安静時の膝の痛みの緩和だけではなく、どの様な負担にも耐えられる膝の状態構築を目的とした治療を進めます。例え変形性膝関節症でも膝の機能回復は痛みを和らげ、問題なく日常を過ごせる様になるケースも少なくありません。

半月板損傷

半月板は膝関節の間に挟まれた軟骨の様な組織であり、膝の内側と外側に一つずつ存在します。膝関節のクッションの働きや関節の安定性を高める役割を果たしますが、スポーツ...【続きを読む

靭帯損傷

前十字靭帯・後十字靭帯・外側側副靭帯・内側側副靭帯、膝には4つの靭帯が存在します。外反内反、屈伸、スライドなど様々な動きで膝の可動範囲を保つ役割を果たし、膝が伸...【続きを読む

変形性膝関節症

膝周囲の軟骨や骨に老化による退行性変性や形成異常が生じ、関節に機能障害や疼痛を引き起こすのが変形性膝関節症です。この病変は、ほとんどが大腿骨と脛骨に発症しますが...【続きを読む

膝の痛みの症例報告