国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

足底筋膜炎による足の裏の痛み

2017.09.15 カテゴリー:足の痛み 

【症状】
馬橋に在住の男性が右足の裏の痛みを抱え来院されました。1年程前から続く症状ですが、インターネットで調べたところ足底筋膜炎かと思い、足の裏をマッサージをしたら余計に痛む様になってしまいました。以前は朝の歩き始めに痛みましたが、今は日中でも痛みを常に感じます。

【検査・治療・経過】
触診では足底腱膜、短母趾屈筋、母趾外転筋に癒着が見られ、右の足関節には長軸方向の制限が存在する。足底アーチは減少し、舟状骨の内側は下方へ変位していた。
治療では足底腱膜と母趾の筋群へグラストンケア、足関節と舟状骨へのモビリゼーションを加える。痛みによる逃避で体幹の重心も崩れていたため、2回目以降はフルスパインでの治療を加える。10回で朝の痛みもほとんど感じなくなった。

【コメント】
今回の症状は足底筋膜炎によるものではありましたが、足首の歪みが原因となり足底筋に負担をかけていました。この様な場合、原因となる足首の治療をせず、むやみに足底筋をマッサージするとリバウンドが強く生じ、痛みが悪化する場合があります。足底筋を緩めることももちろん大事ですが、同時にカイロプラクティックによる足首の調整を加える必要があります。