国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

膝の裏が歩くと痛む

2017.07.01 カテゴリー:膝の痛み 

【症状】
柏在住の40代女性が左膝裏の痛みを訴え、来院されました。この痛みは一カ月続いており、最近は痛み止めを常用しています。たまに膝痛は感じていたが、ここまで長引くのは初めてです。

【検査・治療・経過】
左膝窩筋には圧痛が存在し、内側ハムストリングの腱付着部には癒着が生じていた。膝関節には後方への可動制限が存在し、痛みのためか重心は右側へ移動している。
治療では膝関節へのモビリゼーションと同時に、ハムストリング腱の付着部へグラストンテクニックを施す。2回目来院時に痛みは半減、5回程で 日常生活に差し支えの無い状態まで回復。

【コメント】
痛み止めの服用は、確かに膝痛を抑えることにはつながりますが、原因解決には至らないため予期せぬリバウンドを起こすこともあります。痛みは無理をしない上でも必要なものであり、緊急時以外は薬を服用するべきではありません。カイロプラクティックで適切な処置を施せば、多くの膝の問題は回復に向かいます。