国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

深呼吸で肩甲骨の内側が痛む

2017.06.30 カテゴリー:背中の痛み 

【症状】
柏に在住の30代女性が肩甲骨の内側の痛みを訴え、カイロプラクティックセンター松戸に来院されました。この症状は1年前から続き、息を大きく吸い込むと肩甲骨の内側が鈍く痛みます。そのせいか最近は呼吸にも圧迫感を感じ、疲れが抜けません。

【検査・治療・経過】
第5胸椎を中心とし、肩甲骨間の脊柱のスプリングは減少していた。そのため周囲肋骨の広がりも悪く、肩も前に入り猫背になっている。

治療では肩甲骨内側へのグラストンテクニックから始め、姿勢の悪さが回復するように胸椎へアジャストメントを行う。初回の治療で深呼吸可能になり、睡眠状態も良くなったとのこと。今もたまに行うメンテナンスで良い状態を持続。

【コメント】
今回は背中の歪みが結果として、肋骨の動きを低下させていたと考えられます。肋骨の動きの低下は呼吸を存分に行えなくさせるため、疲労が蓄積しやすくなります。このような場合は背中かに対する矯正が、症状回復の上で最も重要な施術になります。