国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

ストレッチで生じた首の痛み〜南流山

2017.06.30 カテゴリー:首の痛み・肩こり 

【症状】
南流山に在住の30代男性が首の痛みを訴え、カイロプラクティックセンター松戸に来院されました。三日前に首を前へ倒すストレッチの後から右首が痛みます。首を動かすのが辛く、朝方に痛みは増すとの事です。ストレッチは普段行うことは無かったですが、肩こりが強かったため試したそうです。

【検査・治療・経過】
触診で右上部僧帽筋の緊張と圧痛が見られ、顔は痛みのためか前に出ている。頚椎の弯曲は減少しストレートネックとなり、頚胸部の脊柱可動性は損なわれている。初回の治療では炎症の存在を考慮し、上部頚椎と肩甲間部へアプローチを加える。痛みは軽減したが無理をして動かさないように指示し、3日後に再度アプローチ。急性痛は全て回復し、慢性的に続いていた肩こりも楽になっているとのこと。

【コメント】
今回の症例のように首のストレッチは、一歩やり方を間違えるとムチ打ちのような状態になります。首の関節は不安定になりやすく、扱いには注意が必要です。もしこのような障害を負ってしまった場合は無理をせず、専門家に相談することをお勧めします。