国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

座った時の尾てい骨の痛み

2017.10.22 カテゴリー:股関節痛・お尻の痛み 

【症状】
柏から来院された40代女性が尾てい骨の痛みを訴えています。いつもデスクワークで長時間座るそうですが、最近はこの痛みのため長く座っていられません。座布団なども敷いてはいますが、徐々に痛みは悪化しています。マッサージに行ってもほぐしようが無く、様子を見るしか無い状況です。

【治療・経過】
触診では仙骨から尾骨にかけて筋膜の癒着が強く、仙尾関節には機能障害が生じている。左右腰部起立筋にも緊張は見られ、胸腰部のスプリングは低下。
治療では仙骨から尾骨の筋膜に対しグラストンテクニック、仙尾関節へのモビリゼーション、胸腰部への関節調整を行う。1ヶ月後には長時間座れるまで回復。

【コメント】
今回の症例は尾骨と仙骨の間の関節に圧迫が加わり、筋膜の癒着が生じていました。デスクワークが多い方や、尻もちをついた方にこの様な障害は生じやすく、カイロプラクティックで関節の動きを回復させるとともに、グラストンテクニックで癒着を剥がす必要があります。筋肉をほぐすにはマッサージも適していますが、尾骨周囲など骨のキワの筋膜癒着の改善にグラストンテクニックは効果的です。