国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

お尻から太もものしびれ

2017.10.15 カテゴリー:足のしびれ 

【症状】
北松戸に居住の40代女性が左殿部から大腿外側のしびれを訴えます。数週間前から続くこのしびれは特にきっかけもなく始まり、徐々に悪化しています。ランニングやテニスなど日常的にスポーツをしていますが、最近は体を動かす事が出来ません。

【検査・予後】
神経学的検査で異常は存在しなかったが、触診では左中殿筋から大腿筋膜張筋に緊張が見られ、左腰方形筋の肋骨付着部には癒着が確認された。腰椎の弯曲は強くなり、胸腰部の可動性は低下している。
治療では中殿筋、大腿筋膜張筋、腰方形筋へグラストンケア、胸腰部へのアジャスト療法を行う。3週間後にはランニングを再開出来るまで回復。

【コメント】
今回は筋肉の緊張により、太ももの外側にしびれが生じていました。しびれと聞くと椎間板ヘルニアなどの神経症状を疑い、また病院でもレントゲンなどの簡単な検査でヘルニアと言われる場合もあります。カイロプラクティックでは神経の圧迫を確かめる検査に加え、触診により緊張の走行を把握し、しびれがヘルニアか筋肉障害によるものか判断をします。