国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

痛みの原因サーチ

坐骨神経痛

2017.10.02 カテゴリー:足のしびれ

坐骨神経痛は、坐骨神経から生じる神経痛の総称です。頭が痛いのを頭痛というのと意味合いは同じであり、診断名ではありません。それでも近年は、言葉があまりにも有名になった事に加え、その多くが原因が明確にならず、病院でも坐骨神経痛という診断が下るケースは増えてきました。

太ももの裏を伸ばすと痛みは悪化
坐骨神経は人体の中で最も長く太い末梢神経であり、問題が生じるとお尻から太ももに痛みやしびれを生じさせます。ひどい場合は症状が足先まで伸び、靴下を履く、顔を洗う、下の物を拾う等、身体を前に倒したり太ももの裏を伸ばす動作で痛みは増幅します。坐骨神経痛の慢性化は筋肉の働きを低下させるため歩行時のつまづき、膝が上がらない、といった症状を現す様になります。

坐骨神経痛の原因
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・梨状筋症候群
・腰椎すべり症
・変形性腰椎症
・腫瘍

これらが坐骨神経痛の代表的な原因です。多くが椎間板ヘルニアを原因としますが、高齢者では脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の割合が増えます。極めて稀ですが筋肉や骨に腫瘍が形成され、坐骨神経に圧迫を加える症例も存在します。