国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

痛みの原因サーチ

内臓からの肩こり

2017.09.04 カテゴリー:首の痛み・肩こり

一般的な肩こりと思ってはいたが実は内臓疾患があった、このようなケースは稀にあります。心臓や肺の病変は肩甲骨周囲に痛みを出すことがあり、注意が必要です。しかし内臓からの肩こりと聞くと全てが危険な兆候と思いがちですが、大きな病気がなくても「内臓疲労」から来る肩こりが多いのは事実です。お腹の調子が悪いと良い姿勢は維持できず、この様な状態が長期化すれば肩がこる。これは誰しも容易に想像がつきます。

日常とは異なる症状に要注意
人体には内臓体性反射と呼ばれる働きが備わっており、内臓の働きに異常が現れると背部に関連痛という形で鈍痛を生じさせます。胃の調子が悪いと背中に鈍痛が生じたり生理の時に腰が痛む、これらも内臓体性反射による症状です。ただし危険な病気も、この内臓体性反射を介して痛みを生じさせるため血圧の異常、動悸、息切れなど、日常とは異なるサインの確認は重要になります。場合によっては年齢、喫煙歴、病歴、遺伝的要素等から、他の専門機関の受診が必要になります。

内臓からの肩こりの症状、特徴
・動悸、息切れ、血圧亢進など、普段とは異なる症状
・時間帯や首の動きなどに痛みが左右されない
・治療を行っても全く症状が変わらない
・非常に強い疲労感
・指の関節が多数腫れる
・急激な体重減少