国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

ひどい肩こり

2017.10.01 カテゴリー:首の痛み・肩こり 

【症状】
ひどい右肩こりを訴える女性が東松戸から来られました。仕事はデスクワークであり以前から肩こりはあったものの、ここまで強く感じた事はありません。肩を触ると筋肉が固まりきっており、友人がマッサージしてくれましたが歯が立たないと言っています。

【検査〜経過】
右上部胸椎横突起には筋硬結が生じ、上部僧帽筋、頚板状筋には過緊張が存在する。可動触診では上部胸椎と第一頚椎の機能障害が確認された。
治療では上部僧帽筋、右上部胸椎の筋硬結へグラストンアプローチ、上部胸椎と第一頚椎への調整を行う。3回の治療で症状は8割減。月に1度のメンテナンスは継続しているが、辛くならずに過ごしている。

【コメント】
今回は首の付け根の歪みと筋肉の固まりが重なり、ひどい肩こりへつながっていました。ここまで固まりきると指でコリの深部まで力を届かせるのは困難であり、マッサージをしてもすぐに元に戻ります。歯が立たない肩こりには、焦点の絞られたグラストンテクニックとカイロプラクティックの矯正が即効性を発揮します。