国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

デスクワークによる猫背

2017.09.29 カテゴリー:背中の痛み 

【病状】
30代女性がデスクワーク中に感じる背中の圧迫感を訴えています。1年以上は続く慢性症状ですが、最近は吐き気もするため来院されました。パソコン作業でうつむく時間が長くなると肩甲骨の間が辛くなり、背伸びなどもしてみるが状態は変わらず、つい猫背になってしまいます。

【検査・治療・経過】
強い猫背に加え、肩は前に移動し巻き肩になっている。触診では小胸筋の短縮、肩甲間部起立筋の癒着、胸椎の弾力性の低下が確認された。
治療では小胸筋、胸椎起立筋へグラストン、胸椎から頚椎にかけてアジャストメントを行う。5度治療した時点で症状は8割減。その後、仕事が忙しくても経過良好。

【説明】
今回はデスクワークによる猫背で肩甲骨周りの筋肉が癒着を起こし、背中の圧迫感が生じていました。筋肉は癒着を起こすと伸縮性が低下するため、この現象が肩甲骨周りに生じると胸郭は締めつけられます。この状態は、小さなTシャツを無理やり着た感じに似ており、長期に渡ると息苦しさや自律神経の働きの低下にもつながります。