国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

腰の痛みと足のはり

2017.08.25 カテゴリー:腰痛 

【症状】
45才男性が腰の痛みと足のはりを訴え来院されました。デスクワークで長時間座っていると腰が痛みますが、最近は左右ふくらはぎも張ってしまい、座ってられなくなります。マッサージやストレッチでも変わりは出ないとの事です。

【治療・経過】
腰方形筋、左右中殿筋の緊張が触診で確認され、胸椎の後弯は強くなり猫背になっている。下肢後面のはりは強いが、特に下腿三頭筋には癒着が見られる。
治療では猫背を改善させる矯正を加え、腰方形筋と中殿筋、下腿三頭筋にグラストンテクニックを加える。最初は週に2回の治療を行い、5回で8割の改善。その後も1〜2週間に1回のメンテナンスを行なっているが、状態が悪化する事はない。

【コメント】
今回はデスクワークによる腰の筋肉の緊張が、足の後面の筋膜を伝いふくらはぎの筋肉に癒着を形成させていました。また痛みのせいでデスクワーク中、つい踏ん張ってしまう癖もあり、それが重なり症状は悪化していた様です。状態を悪化させないためには姿勢の維持やストレッチも大事ですが、カイロプラクティックで時折メンテナンスを加えることも必要です。