国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

骨盤矯正を受けてからの腰痛

2017.07.31 カテゴリー:腰痛 

【症状】
松戸に在住の30代女性が骨盤矯正を受けてから感じる腰の違和感を訴え、来院されました。3週間前に近所の整体で骨盤の歪みの指摘を受け、骨盤の開きを閉じる矯正を受けました。その時はスッキリした感じもしたが翌朝、今までに無かった腰の違和感が生じます。たまに急に腰が抜ける感じがし、気を使うためか腰回りが硬くなって来ています。

【検査・治療・経過】
第5腰椎左右の起立筋はつった様な緊張(スパズム)を起こし中殿筋、梨状筋等の股関節筋群の緊張は強い。脊柱の可動性検査では第5腰椎の不安定性が確認され、第1腰椎の制限が見られる。
治療では腰部筋群へ低周波を加え、股関節筋群へグラストンテクニックを行う。胸腰部はモビリゼーションを加えた後、第1腰椎へのアジャストメントを施す。2回目来院時には痛みは寛解。その後も再発は無い。

【コメント】
今回の症例は不必要な骨盤矯正を受けたため、腰が不安定になり痛みが生じていたと思われます。腰は捻ればボキッと音は出ますが、不要な矯正を加えると余計バランスを乱し、今までに無い症状を生むケースもあります。今回は軽症で済みましたが、ヘルニアなどの持病を持った方が無理な矯正を受けると重症化する事もあり注意が必要です。