国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

News&Topics

椎間板ヘルニアなのに矯正して大丈夫?

2017.10.17 カテゴリー:Q&A 

「カイロプラクティックは悪い所をボキッと矯正して治す」という誤解と、実際に「悪い所をボキッと矯正して」取り返しのつかない事故を起こしてしまう偽カイロプラクターのため、日本では椎間板ヘルニアはカイロプラクティックの禁忌症とされております。

矯正部位はヘルニアの箇所以外に存在
椎間板ヘルニアに伴う痛みやしびれ等の諸症状は、突出した椎間板による神経圧迫が原因ですが、その椎間板が突出した原因が事故等のはっきりした外力によるものではなく自然発生的なものである場合、その椎間板に負担をかけている体全体の乱れたバランスを改善することが必要です。
そのためのカイロプラクティックによる矯正部位は椎間板ヘルニアを起こしている箇所以外にあり、患部を矯正してヘルニアを更に悪化させるという心配はありません。この治療により突出した椎間板が正常な位置に戻ることは期待できませんが、患部への負担が軽くなることにより症状は緩和されて行きます。

ヘルニア部位へ矯正する偽カイロプラクター
ヘルニアの患部を問題意識なく矯正する偽カイロプラクターも多く、治療院の選択には注意が必要です。なお、整形外科医から手術を勧められている程のヘルニアは、カイロプラクティックの治療では効果が出にくい場合が多いです。

カテゴリー

Archives