国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

痛みの原因サーチ

腰痛

腰痛は、人類が直立歩行を行うと同時に手に入れた代償とも言えます。生涯で腰痛を患う確率は80%とも言われ、訴える割合は男性1位、女性は2位という事が厚生労働省の調査で明らかにされています。
一言で腰痛と言えども、症状は様々です。病院で同じ診断が下されても痛みの出方は大きく異なり、これだけ多くの方が罹患しているにも関わらず明確な治療法は確立されていません。激しい痛み・電気が走るような痛み・鈍い痛み等、痛みの種類だけでも数えきれず、骨盤周囲・背骨周り・骨盤の外側・片方だけなど場所も色々です。

カイロプラクティックセンター松戸の腰痛の治療
10人10色の症状とは言え、その中でも腰痛を分類する事はカイロプラクティック治療の上で非常に重要になります。ただ「腰痛」では無く「椎間板ヘルニアによる第5腰椎右側の腰痛」、この様な分類が細かければ細かい程、受傷部位は明確になり治療は円滑に進みます。また腰だけではなく首や背中も含めた全体の治療は、治療回数を重ねる中で重要度は高くなり、このアプローチが芯から安定したバランスを構築します。
当院ではどの様な障害でも矯正やグラストン治療を加える事はなく必要に応じ、負担の少ないテクニックを選択します。特にぎっくり腰や急性のヘルニアなど、炎症を伴う障害は無理のない治療を心がける必要があります。負担の少ない治療は結果としてリラックス効果へつながり、早期回復へ向かいます。

腰椎分離症・すべり症

「骨が前にズレた状態」、腰椎の分離症もすべり症も横から背骨を見た時、多くのケースでこの様な病態が確認されます。このズレ方により変性すべり症と分離すべり症に分けら...【続きを読む

ぎっくり腰

クシャミをした時や重いものを持ち上げた瞬間、急激に始まるぎっくり腰。欧米では「魔女の一突き」という別名があるほど、この上ない激痛に襲われます。筋肉を痛めているケ...【続きを読む

腰部脊柱管狭窄症

脊髄を通す腰部の脊柱管が何かしらの原因で狭くなり、しびれや腰痛を引き起こす障害を腰部脊柱管狭窄症と呼びます。50代以降の高齢者に発症するケースが多く、椎間板損傷...【続きを読む

椎間関節症候群

背骨の前側が潰れると椎間板ヘルニア、後ろ側が潰れると椎間関節症候群、この様な説明が最も分かりやすいかもしれません。脊柱の後面には椎間関節と呼ばれる関節があり、椎...【続きを読む

腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、本来あるべき腔から臓器が部分的に逸脱した状態を指します。そのためヘルニアは腰や首だけに生じるものでは無く、鼠径ヘルニアなどお腹に生じることもありま...【続きを読む

筋筋膜痛症候群

筋筋膜痛症候群、難しい名前ですが簡単に言えば「筋肉のコリ」です。筋肉にシコリが形成され、押すと痛みます。この圧痛点はトリガーポイントとも呼ばれ、筋筋膜痛症候群と...【続きを読む

腰痛の症例報告