国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

痛みの原因サーチ

腕のしびれ・痛み

「しびれはヘルニアなどの手術をしないと治らない」、このように思われている方は多いです。しかし実際は手術が必要なケースは稀であり、適切な鑑別を行えばおおよその痺れは回復に向かいます。神経はとても敏感であり例え十円玉ほどの重さでも、その流れは60%に低下します。脳脊髄を経て背骨から抜け椎間板や数々の関節、筋肉の間を抜け手足の先へ向かいます。その長い道のりのどこかで圧迫を受けると、そこから先の部分に痺れが生じます。しびれは圧迫を受けている部位により診断名が名前が分けられ、圧迫の部位、圧迫は複数によるものか否か、以上の鑑別が必要になります。

カイロプラクティックセンター松戸の腕のしびれの治療
しびれの治療では部位を割り出すことも重要ですが、神経ダメージの程度を把握することも回復期間を明確にする上では必要です。炎症はあるのか、どの程度の圧迫を受けているのか、圧迫の期間はどのくらいか、総合的な判断から治療計画を立てます。
手のしびれは、より深い障害を首に負っている現れでもあります。当院ではグラストンテクニックやカイロプラクティックによる矯正が適応か否かを判断し、無理のない治療法を選択します。例え損傷が深く首や肩への積極的なアプローチを行えなくても、周囲の関節調整や腕へのグラストンテクニックなど間接的な治療は最適な回復力の向上を促します。

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板は背骨の間に挟まれた形で連なり、背骨に加わる衝撃吸収や背骨全体の動きを滑らかにする働きをします。この働きの向上のため椎間板は外側と内側で異なる性質を持ち、...【続きを読む

筋筋膜痛症候群

筋筋膜痛症候群、難しい名前ですが簡単に言えば「筋肉のコリ」です。筋肉にシコリが形成され、押すと痛みます。この圧痛点はトリガーポイントとも呼ばれ、筋筋膜痛症候群と...【続きを読む

頚椎症(脊柱管狭窄症)

膝や股関節の病変でよく聞く変形性関節症、実は頚椎にも生じる場合があります。それが頚椎症です。病院で「骨と骨の間が狭くなっている」「ヘルニアでは無いが椎間板が薄く...【続きを読む

胸郭出口症候群

文字の通り胸郭の出口で神経や血管が圧迫を受け、腕に疼痛やしびれを生じさせる症状が胸郭出口症候群です。鎖骨の辺りが胸郭出口であり、腕に向かう重要な神経や血管は全て...【続きを読む

手根管症候群

手根管は手首の手のひら側にある神経や血管を通すトンネル状の部位であり、周囲は骨と靭帯により形成されています。このトンネルが狭窄を受け神経血管が圧迫を受けた結果、...【続きを読む

肘部管症候群

肘をぶつけた時などにビーンとしびれることがあります。肘部管症候群はこれと全く同じ機序で生じる障害です。肘の内側には尺骨神経を通すトンネルがあり、その狭さから容易...【続きを読む

腕のしびれ・痛みの症例報告