国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

痛みの原因サーチ

肘部管症候群

2017.09.05 カテゴリー:肘の痛み腕のしびれ・痛み

肘をぶつけた時などにビーンとしびれることがあります。肘部管症候群はこれと全く同じ機序で生じる障害です。肘の内側には尺骨神経を通すトンネルがあり、その狭さから容易に神経の圧迫が引き起こされます。ヘルニアや胸郭出口症候群とは異なり明確な肘の違和感を伴うのを特徴とし、尺骨神経圧迫や麻痺が慢性化すると小指と薬指がまっすぐに伸びない鉤爪(かぎづめ)変型、鷲手変形が起こります。

肘部管症候群の原因
・肘の関節の歪みや筋肉の癒着
・肘の変形性関節症による骨や靭帯の肥厚
・肘部管の炎症や腫れ、ガングリオン

上記等の理由により、肘部管が狭くなることで肘部管症候群は発症します。肘をぶつけるなどの外傷から肘部管症候群へ発展することもあれば、テニス肘やゴルフ肘、肘を曲げた状態で作業し続けるなど、繰り返される負担の結果として発症する場合もあります。また肘の骨折後の変形治癒として知られる外反肘(肘が外へ過剰に曲がる変形)でも、尺骨神経麻痺は生じやすくなります。

肘部管症候群の症状、特徴
・肘から上に一切のしびれは生じない
・肘の内側を叩くとしびれが手先まで伸びる
・薬指と小指がしびれる
・肘周囲の筋肉が筋張っている
・手のひら、小指側の筋肉の萎縮