国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

痛みの原因サーチ

筋肉の異常

2017.09.07 カテゴリー:顎関節症

顎関節には閉口に関わる側頭筋、咬筋、内側翼突筋、そして開口に関わる外側翼突筋が存在します。これら筋肉(咀嚼筋群)はただ口を開け閉めするだけでなく、頭部の位置調整でも重要な役割を果たします。最初は首のみの歪みでも慢性化するうちに咀嚼筋群の異常を招き、顎関節症へ発展するケースもあります。

咀嚼筋群の異常による症状、特徴
・食事中顎がだるくなる
・側頭部や顎の周りを押すと痛い
・口が最大まで開きづらい