国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

首から後頭部の締め付け感

2017.09.19 カテゴリー:首の痛み・肩こり 頭痛 

【訴え】
松戸に在住の39才女性が首から後頭部の締め付け感を訴え来院されました。何年か前からこの症状は続きますが、特に最近2週間はひどいです。仕事はデスクワークであり、近頃忙しく徹夜の日もあります。病院ではストレートネックと言われ、シップを貼るようにしていますが全く変わりません。頭痛薬も大して効かず、困っています。

【治療・結果】
触診では頭板状筋、後頭下筋群の硬結が確認され、肩甲骨間部から頚椎にかけて起立筋の緊張が見られた。頚椎の可動域は屈曲と伸展が制限を受け、特に伸展では後頭部のつまり感が誘発される。
治療では頭板状筋、後頭下筋群へグラストンテクニック、首から背中へ分節調整を行う。2週2週で辛い締め付け感は無くなり、3ヶ月後には慢性的な頚部痛もほとんど生じなくなった。

【コメント】
今回の締め付け感は後頭部の筋肉の硬結により、生じていました。筋肉の硬結は一般的なコリや張りとは異なり、筋肉の部分的な過緊張とゴリゴリとした線維化が生じます。この障害は関節の動きにも悪影響を与えるため、頭痛薬でも改善しない症状へ発展します。痛み止めを飲んでも改善しない頭痛の多くは、隠された筋肉や骨格の歪みを有するケースが多く、カイロプラクティックとグラストンテクニックの併用は早期改善を期待できます。