国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

腰から骨盤の痛み

2017.09.01 カテゴリー:腰痛 股関節痛・お尻の痛み 

【症状】
右腰から骨盤にかけての痛みを訴え、34才女性が来院されました。毎日デスクワークのため慢性的に腰痛はありましたが、最近2〜3ヶ月は急に悪化しお尻や骨盤まで痛みが広がっています。長時間同じ姿勢を維持できず、体勢を変えたり立ったりして負担を逃しているそうです。その影響で仕事の集中力が続かないとの事です。

【治療】
触診では右仙腸関節内側に筋硬結が確認され、仙腸関節の伸展制限も同時に生じている。中殿筋の緊張も見られ、骨盤の重心は右に移動している。
施療では右仙腸関節への矯正、中殿筋へグラストンテクニックを行い、重心が正中に位置するよう施術を加える。5回の治療でデスクワーク中の骨盤の痛みは改善され、慢性腰痛も軽快した。

【解説】
今回は骨盤の歪みにより重心が偏り、デスクワークの負担が右のお尻に集中していました。この様な歪みは筋肉の癒着を伴うと、より強固なものになり股関節や膝にまで痛みを現す場合があります。骨盤矯正だけでは無く、グラストンテクニックによる筋膜リリースや体幹の施術も同時に進行する事が、症状の広がりを抑える事につながります。