国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

ストレートネックが原因の右首痛〜柏

2017.07.27 カテゴリー:首の痛み・肩こり 

【症状】
柏在住の40代女性が右首の痛みを訴え、来院されました。2〜3週間ほど続き、あまりにも辛いため病院へ行った所、ストレートネックが原因と言われました。頚椎の牽引やマッサージを受けたりもしましたが、その場限りですぐに戻ってしまいます。医者には痛み止めの飲み薬を渡されていますが、薬嫌いで服用していません。

【検査・治療・経過】
頚椎弯曲の乱れも強いが上部頚椎、特に右側の圧迫が強い。その影響を受け、頚椎の回旋作用は低下し後ろを振り向くのは困難な状態である。上部頚椎圧迫の緊張は頚胸部位まで伸び、筋の癒着を生んでいる。
治療では癒着した右頚部筋へグラストンテクニックを中心に、上部頚椎へのアジャストメントを行う。初回で痛みは大分和らぎ、時間経過で多少は戻るものの3週間後には辛さを感じなくなるまで回復。

【コメント】
病院ではストレートネックが原因といわれたケースですが、最も大事なことは首上部の関節の動きの改善でした。首上部関節は首を回す運動の8割を担っており、この部位の歪みは背中まで緊張を波及させる場合があります。ストレートネックには様々なパターンがあり、それぞれを見分けることが早期回復にとって重要になります。