国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

坐骨神経痛が2週間続く

2017.07.24 カテゴリー:足のしびれ 

【症状】
松戸在住の40代男性が左側の坐骨神経痛を訴え、来院されました。痛みは鈍痛であり、モモの裏側を中心とします。一日中デスクワークであり、ひどい時は朝から痛みを感じます。数ヶ月前から左のお尻が痛く、マッサージには行っていたが状態は変わらないとの事です。

【検査・治療・経過】
左仙腸関節には筋膜の癒着が存在し中殿筋、梨状筋、ハムストリングの緊張も強い。坐骨神経負荷テストでも陽性であり、ヘルニアの存在も考慮しながら負担の少ない治療を進める。
腸骨から大腿部にかけ、癒着した筋肉へグラストンテクニックを加え、胸椎から腰椎へアジャストメント、モビリゼーションを行う。初回の治療で痛みは軽快し、1ヶ月後にはデスクワーク中の痛みも無い。

【コメント】
今回の坐骨神経痛は長時間のデスクワークにより、坐骨神経が圧迫を受け痛みが生じていたと思われます。神経痛は2週間前からとの事でしたが、負担自体は大分前から存在し筋膜の癒着も生じていたため、マッサージでは回復しにくい状況であったと言えます。この様な問題はカイロプラクティックに併せ、グラストンテクニックによる筋膜リリースが必要になります。