国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

ストレートネックを伴う腕の鈍痛

2017.07.08 カテゴリー:腕のしびれ・痛み 

【症状】
松戸在住の40代男性が右上腕の鈍痛を訴え、来院されました。半年ほど続く症状でありまあすが病院へ行ったところ、ストレートネックが確認されています。電気治療と頚椎牽引を行なっていますが症状に変化は出ません。デスクワーク中がしんどく、つい首や肩を回してしまいます。

【検査・治療・経過】
頚椎の神経学的検査に異常は無いが右頚部起立筋、肩甲骨内側筋群、三角筋、上腕三頭筋の緊張が強い。上を向くと筋緊張部位に鈍痛が生じ、関節からの関連痛と判断する。
治療では頚椎、胸椎へのアジャストメント、肩甲骨のモビリゼーション、頚部から腕にかけてグラストンテクニックを中心に行う。初回の治療で痛みは7割減。その後の経過も良い。

【コメント】
今回の腕の鈍痛はヘルニア等による神経症状では無く、関節からの痛みであったと思われます。腕の痛む部位には筋肉の緊張も確認され、ストレートネックのある頚部だけで無く、腕への治療も回復には重要です。この様な状態が進行した結果、いつの間にか椎間板ヘルニアになる場合もあり、早期発見が良好な予後へつながります。