国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

骨盤外側の筋肉の張り

2017.07.01 カテゴリー:腰痛 

【症状】
松戸在住の40代男性が左右骨盤外側の痛みを訴え、来院されました。この痛みは半年前から続きますが、何年も前から良かったり悪かったりを繰り返しています。スキーで転倒したことをきっかけに腰を悪くしていますが、病院へ行ったところ骨に異常は無いと言われています。

【検査・治療・経過】
左右骨盤外側の筋群の癒着は強く、腰を前に倒すと腸骨稜に張りが生じる。胸腰部のスプリングは減少し、腰部屈曲時の可動性も少ない。胸腰部の機能異常が腰部筋群の癒着を引き起こしていると判断出来た。
治療では腸骨上端筋群へグラストンテクニック胸腰部機能異常への脊柱矯正を中心に進める。3回の治療で痛みは8割改善。2週に1回の治療に移行しているが、経過良好。

【コメント】
今回のケースは度重なる腰痛により、筋肉が骨盤に張り付いたような状態でした。この患者さんは体格も大きく、病状がここまで進むと単なるマッサージでは改善しません。身体の奥まで力の届くグラストンテクニックは頑固なコリにも有効であり、カイロプラクティックの矯正を同時に加えると画期的な変化が表れます。