国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

右肩の異常なこり

2017.06.30 カテゴリー:首の痛み・肩こり 

【症状】
松戸に在住の40代男性が右肩の異常なこりを訴え、カイロプラクティックセンター松戸に来院されました。この症状は1年ほど続いており、常に重いこりを感じます。あまりにも酷いので病院でチェックを受けたこともありますが、特に異常は見つかリませんでした。マッサージへも頻繁に行きましたが、悪いときは変わらないそうです。

【検査・治療・経過】
右肩甲挙筋、上部僧帽筋、菱形筋の強い癒着があり、頚椎5番の横突起に硬結が確認できる。頚椎5/6の椎間関節の圧迫は強く、可動触診でもほとんど動きはないため、原因はこの関節由来と判断する。治療では胸椎からモビリゼーションを加え、頚椎のアジャストメントを行う。5回の治療で肩こりは当初の2割ほどになる。その後も肩こりで辛さを感じることは無い。

【コメント】
今回のように片側だけに現れる肩こりは、ほとんどの場合、明確な原因となる関節の歪みがあります。この存在を無視した治療を行っても基本的に症状は大きく変わりません。カイロプラクティックの矯正は長年続く症状でも背骨の芯からバランスを整え、短期間での改善を望めます。