国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

足底腱膜炎で歩き始めに足の裏が痛む

2017.06.30 カテゴリー:足の痛み 

【症状】
流山に在住の30代女性が歩き始めに生じる足の裏の痛みを訴え、カイロプラクティックセンター松戸に来院されました。この痛みは1ヶ月前から始まり、朝起きた時の一歩目の痛みが日に日に強くなっています。病院へ行ったら足底腱膜炎と言われ、指示されたインソールを使用していますが改善しません。

【検査・治療・経過】
可動触診では距骨下関節の長軸制限が見られ、距腿関節は前方変位が強い。足底腱膜の張りは高く、下腿後面の屈筋群の緊張も高くなっている。

治療では距腿関節と距骨下関節へのモビリゼーション、足底腱膜を含めた軟部組織へのグラストンテクニックを中心に進めた。5回の治療で痛みは8割改善。インソールの使用も無くなった。

【コメント】
今回の症例は足周囲の関節の歪みが原因となり、発症していました。足に合わない靴やヒールを長期に渡り使用すると、足底腱膜に負担が加わりこのような歪みが生じやすくなります。足底腱膜炎は一度発症すると慢性化しやすく、かかとに骨棘が形成される場合もあるため注意が必要です。