国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

左を向いた時に首筋がピキッと痛む〜北小金

2017.06.27 カテゴリー:首の痛み・肩こり 

【症状】
北小金に在住の30代女性が左首筋の痛みを訴え、カイロプラクティックセンター松戸に来院されました。この痛みは1週間前のデスクワーク中、後ろを振り返った時に生じたようです。たまにこのような痛みを繰り返すそうですが、いつもは3日ほどで改善するところ、今回は痛みが引きそうもありません。首にはいつも違和感があり、つい自分で首をボキボキ鳴らしてしまいます。

【検査・治療・経過】
左肩甲挙筋はスパズムを起こしており、第1頚椎の可動性は損失。第5頚椎は後方へ突出し、頚椎カーブの減少、ストレートネックが見られる。

治療では後方変異した第5頚椎へモビリゼーションを加え、第1頚椎へ矯正を行う。胸椎へのアジャストメントを行い、肩甲骨の可動性も改善させた。初回のアプローチで痛みは大きく改善。今現在は自分でボキボキ鳴らす癖により生じた頚部バランスの調整を進める。

【コメント】
今回の症例は寝違えのような状態でした。第5頚椎の異常な動きにより、頚椎カーブが減少したことが原因と言えます。この問題は日常的に自分で首をボキボキ鳴らしていたため生じたものであり、治療を進めると同時にこの癖を止める必要がありました。この行為は非常に危険であり、過去には脊髄損傷まで進行したケースも存在します。