国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

2ヶ月前のぎっくり腰が治らない〜新松戸

2017.06.27 カテゴリー:腰痛 

【症状】
新松戸に在住の30代男性が腰痛を訴え、カイロプラクティックセンター松戸に来院されました。この症状は2ヶ月前にぎっくり腰をやってから続きます。当初のような鋭い痛みはありませんが、左お尻に鈍い痛みが残っています。接骨院も通っているが良くならず、骨盤が歪んでいるような気もします。

【検査・治療・経過】
可動触診では胸腰部の制限が確認され、左仙腸関節周囲の筋群には硬結が見られる。重心は左の骨盤に移動し、腰椎の屈曲で左殿部に痛みが生じる。治療では胸腰部への可動性回復を中心に、仙腸関節の調整も同時に行う。5回ほどの治療で痛みは改善。骨盤の歪みも感じなくなった。

【コメント】
今回の症例は背中の下部の可動制限が原因となり、骨盤周囲のバランスが崩れていました。このような場合、症状のある腰周りのアプローチだけで回復することはなく、背中の矯正が重要になります。痛みが長期に渡ると徐々に椎間板への負担が増し、痺れを生じさせるヘルニアを患うこともあるため注意が必要です。