国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

右顎が口を開けた時に痛む〜新松戸

2017.06.27 カテゴリー:顎関節症 

【症状】
新松戸に在住の30代女性が右顎の痛みを訴え、カイロプラクティックセンター松戸に来院されました。この痛みは1週間前から始まり、今回で2回目です。以前は病院へ行ったところ、顎関節症と言われましたが、何もしないで回復しています。

【検査・治療・経過】
開口時、右顎関節の可動性は悪くクリック音も生じる。右顎関節の関節突起は内側へ入り込み、外方への制限がある。頚椎にはストレートネックが見られ、顎への負担も増えているようであった。治療では頚椎に対する矯正、顎に対しても関節へ調整を加える。2回目来院時には痛みは全く無く、クリック音も減少。

【コメント】
今回のケースは顎関節症による障害でした。顎関節症は一般的に歯並びの悪さにより発症すると言われていますが、頚椎の機能異常から併発するケースも多々あります。そのような場合はマウスピースを使用しても回復せず、カイロプラクティックのケアが必要になります。