国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

ヘルニアによる坐骨神経痛

2017.06.27 カテゴリー:足のしびれ 

【症状】
松戸に在住の40代女性がが椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛を訴え、カイロプラクティックセンター松戸に来院されました。1年前にぎっくり腰をし、その痛みが回復した頃から坐骨神経痛は始まっています。病院の検査で腰椎4番と5番間のヘルニアが見つかりましたが、特に手術をする必要は無いとの事です。最近、デスクワークの影響か坐骨神経痛の頻度が増しています。

検査・治療・経過
神経学検査で大きな問題は無いが右下部腰椎から臀部、ハムストリングにかけ筋緊張が連なっており、ヘルニアによる2次的な障害と思われた。骨盤の運動も左右非対称であり、椎間板への負担は増大している。
治療では骨盤、腰椎に対して操作を加え、胸椎に対しても矯正を行う。回数を重ねるうちに首を含めた全体のアプローチに移行。治療を始め2ヶ月経過した頃には痛みは8割改善。

コメント
椎間板ヘルニアは程度にもよりますが、スムーズに回復しにくい症状のうちの一つです。しかしそれでも、カイロプラクティックによるケアは有効であり、健常な状態を目指すのであれば無くてはならない治療法です。