国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

背中の筋肉痛が2年間続く〜南流山

2017.06.25 カテゴリー:背中の痛み 

【症状】
南流山に在住の左背中の筋肉痛を訴える40代男性が、カイロプラクティックセンター松戸に来院されました。この痛みは2年前、左背中を寝違いのように痛めてから続いています。激しい痛みではないが鈍痛が残っており、体をねじった時に痛みが生じます。マッサージも行ったが良くならなそうです。

【検査・治療・経過】
触診検査で左肩甲骨内側の脊柱起立筋に過緊張が見られる。この影響か呼吸も浅く肋骨の動きは悪い。体幹を左に捻ると痛みが生じ、可動域は30度と少ない。施術では肋骨に対しモビリゼーションを加えた後に胸椎に矯正を加える。特に、脊柱関節の左側への圧を強めたアプローチを行う。3回の治療で痛みは8割改善。

【コメント】
今回の症状は脊柱の横に存在する、起立筋の強いこわばりにより状態が慢性化していたと考えられます。この問題は関節の癒着を引き起こし、マッサージだけでは改善しないケースも多く見受けられます。カイロプラクティックによる矯正は関節の癒着の改善に最適なアプローチであり、なるべく早期に治療を加えることが回復には重要になります。