国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

施術例

右首から肩の痛み

2019.11.12 カテゴリー:首の痛み・肩こり 

【症状】
松戸に在住の50代の男性が右首から肩の痛みを訴えて来院しました。慢性的に疲労が溜まると首から肩が痛くなります。始めは右肩が痛み少しづつ上がる様で、今回も肩が痛んでから上へ伸びてきました。右肩のつけ根あたりが最も痛み、頭を後ろへ倒せません。最近は特にひどいので2日前に整体に行きましたが、少し良くなる程度です。

【施術後の経過】
初回の施術後、右肩のつけ根の痛みは6割改善。頭を後ろに倒した可動域は大幅な上昇が確認できる。2回目の施術時には頭を倒しても痛みは感じず、全体的なだるさへと変化する。初回時は炎症が見られたため、使用を控えたグラストンテクニックも2回目以降は積極的に取り入れ、施術の範囲も首だけでなく背部から腰部と広げる。施術を始め1ヶ月後に転倒し首を捻るアクシデントもあったがすぐに回復し、経過は良好である。

【説明】
今回の症状は、二つの障害が重なり痛みへつながっておりました。一つ目は肩を安定させる前鋸筋が過緊張を生じさせた事が原因です。その結果、肩甲骨の働きが低下し肩が上がった様な姿勢へつながりました。もう一つはが首の付け根の関節の動きが悪くなった事です。これらの要素は互いの問題を助長させる事につながり、一般的な整体法では解決されなかったとも言えます。