国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

右の肩甲骨だけが痛む

2017.10.21 カテゴリー:背中の痛み 

【症状】
柏に在住の53才女性が右肩甲骨内側の鈍痛を訴え来院されました。去年の暮れから続く慢性症状であり、状態も変わらない事から内臓の問題ではないかと心配しています。マッサージや整体にも行きましたが、改善しませんでした。

【検査・治療】
右肩甲骨内側の起立筋には癒着が生じ胸椎、肩甲胸郭関節の可動性は悪い。体幹を右回旋しながら肩も水平伸展させると、肩甲骨内側に痛みが生じる。
治療では胸椎胸椎起立筋へのグラストン、肩甲骨へのマニピュレーション、胸椎へのアジャストメントを中心に進める。10回の治療で肩甲骨の痛みは改善した。

【コメント】
今回の症例は肩甲骨内側の筋肉が癒着し、鈍い痛みを生じさせていました。筋肉の癒着は、普段は柔軟に滑るはずの筋肉が張り付いてしまう現象が起きます。癒着が進行すると、何をしても変わらない鈍い痛みへつながるため、場所によっては内臓からの痛みでは無いかと不安に思われる方もおられます。この症状はマッサージやストレッチでも、回復しにくい障害です。