国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

症例報告

股関節のストレッチによる痛み

2018.09.17 カテゴリー:

【症状】
柏に在住の40代女性が右股関節の痛みを訴え、来院されました。趣味でヨガをしていますが、いくらストレッチをしても右股関節は柔らかくならず、むしろ痛みのせいで可動域は徐々に狭くなっています。股関節を広げると付け根の前側が痛み、最近は歩き出しにもズキっとします。

【検査・治療・経過】
右股関節の内転筋群には癒着が見られ、股関節には長軸方向の制限が存在する。殿筋や腰部の筋肉まで緊張は伸び背中の下部、胸腰部まで脊柱の可動性は低下している。
治療では股関節内転筋群へグラストンテクニックによる筋膜リリース、股関節へのモビリゼーション、脊柱への矯正を行う。2ヶ月後には歩行時の痛みも生じなくなった。

【説明】
今回の症例は股関節を閉じる内転筋の癒着により、股関節に痛みが生じていました。この様な症状は40〜50代の女性に発症しやすく、いわゆる四十肩や五十肩と似た病態が股関節に生じたものです。ストレッチで回復する事は無く、無理をすると悪化する場合もあります。早期回復には、股関節から腰部までの筋肉と関節の機能改善が必要です。