国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円 国際基準のカイロプラクティックがいつでも3000円
Loading...

施術例

座った時の尾てい骨の痛み

2018.12.22 カテゴリー:股関節痛・お尻の痛み 

【症状】
柏から来院された40代女性が尾てい骨の痛みを訴え、カイロプラクティックセンター松戸へ来院されました。いつもデスクワークでPC作業が多く長時間座るそうですが、最近は尾てい骨の痛みのため長く座っていられません。真ん中に穴の開いた座布団なども敷いてはいますが、徐々に痛みは悪化しています。腰まで痛むようになりマッサージには行きましたが、尾てい骨はほぐしようが無く、様子を見るしか無い状況です。1週間前に病院へは行きましたが骨に異常は見られず、湿布を貼るように言われています。

【検査】
○身体的特徴
腰の弯曲は強く結果、出っ尻の様になっている。この状態は例えば仰向けになった時、通常の方より尾骨の当たりは強くなる事が伺える。

○筋肉の状態
尾てい骨周囲の筋肉や筋の末端となる腱には癒着が見られ、軽い炎症も生じている。この癒着と炎症から、ゴリゴリした感じとブヨブヨした感触も得られる。ブヨブヨした感触は炎症による腫れから生じる。

骨盤の上外側の中殿筋の緊張も強い。中殿筋の付着する、ウエストラインの後ろの下端にある腸骨綾と呼ばれる骨の部位にはゴリゴリとした癒着が多数存在する。この部位に炎症は見られない。

腰の両サイドに存在する起立筋の緊張は強い。目立った癒着は無いが全体が強張り、腰から背中にかけて筋肉が盛り上がったように見える。尾てい骨の痛みにより、反射的に緊張している問題と思われる。

○関節の動き
尾てい骨と仙骨の間の仙尾関節の可動性は低下している。元々この関節は、骨により連なっているため可動性は無いものだが、周囲の筋や腱は癒着しているため動きが悪いように触知される。

仙骨の外側に位置する仙腸関節の動きにも異常が見られる。中殿筋の癒着が強いため、この関節への圧迫が強まった結果と判断する。

背中の下の部分、胸腰部の背骨の可動性も著しく低下している。尾てい骨の痛みによる二次的な緊張要素もあるが、長年のデスクワークによる猫背との関係も十分疑える。

【治療】
治療の初期には癒着だけでは無く、炎症も見られる事から強すぎる刺激は加えない様に注意して進める。特にグラストンテクニックを使用する時は、エッジの鋭い部分を使うのでは無く丸い部分で力を加える。この手法は結果として表層に存在する炎症による腫れを刺激せず、その下にある癒着へ力が届く。炎症の存在しない中殿筋には筋膜の癒着がリリースされる様、しっかりとした圧を加える。

治療を進め、炎症が安定してからは背骨への矯正、尾てい骨の付着する仙尾関節の動きを回復させるテクニックを積極的に行う。この段階になれば強い刺激を加えても、炎症によるリバウンドのリスクは低くなる。

【経過】
1〜3回の間は症状に大きな変化は見られない。しかし筋や腱の緊張度の低下は段階的に良好。

4回目を過ぎた頃から座って立った時に痛みは感じるものの、座っている時の痛みは生じにくくなる。

10回を過ぎた頃には立った時の痛みもほとんど、感じる事は無い。

【解説】
今回の症例は尾てい骨と仙骨の間の仙尾関節に圧迫が加わり、筋膜の癒着が生じていました。また炎症も見られたため、不意なマッサージ行為や強い刺激は余計に痛みを悪化させる場合もあるため、初期段階のテクニックの選択には注意を要します。
仙骨と尾てい骨は骨でつながっているため動きはありませんが、周りの筋肉や腱は骨盤のバランスにも影響を及ぼすため、柔軟性の維持が非常に重要です。デスクワークが多い方や、尻もちをついた時にこの様な障害は生じやすく、慢性的に尾てい骨の痛みを感じる症例は少なくありません。
一度発症すると一般的なマッサージや整体法で回復する可能性は低く、カイロプラクティックによる的確な施術が必要になります。また尾てい骨のキワなど、骨に付着する癒着の改善にグラストンテクニックによる筋膜リリースは最適と言えます。